うつ病とは何か?症状を簡単に説明!治療法はあるのでしょうか?

あなたはうつ病について、どれほど知っていますか?

会社に行きたくない。
今日の飲み会めんどくさいな。

こんな風に気力が湧かないことってありますよね。

でも、これは誰にでも起こる心理現象です。

うつ病はもっと深く、暗く、そして静かにやってきます。

今日は、そんなうつ病とは何かを解き明かしていきましょう!

スポンサードリンク

うつ患者の心理状況は究明不能?

日本には、うつ病患者が、2017年の時点で約500万人いると推測されています。

世界のうつ病患者数は同じ2017年時点で3億人を上回っており、この患者数は年々増加しています。

会社でミスをしたり、友人とケンカしたりするとブルーな気分になったりしますが、一晩寝たり、美味しいものを食べたり、スポーツで汗を流したりすればほとんどの場合、元気になりますよね。

しかし、精神疾患としての「うつ病」はソレとは全く異なルもので、ふさぎこんだ気分は努力しても消えることはありません。

少なくとも、2週間はふさぎこんだ状態が継続し、仕事をしたくてもベッドから起き上がれなくなったり、彼氏や彼女と会うどころか、食事を取る気持ちすらなくなるのです。

睡眠は眠すぎるか、眠れなくなるかのどちらかになります。

sponsored link

うつ患者はホルモン分泌が不安定

また、うつ病が長く続きすぎると、前頭葉や海馬の体積が小さくなるなど、脳へのダメージを与え始めます。

そして、セロトニン・ノルエピネフリン・ドーパミンなど、意欲や快活、元になると言われているホルモンの分泌量が減量します。

このような状態で、うつ病患者は、先が見えないトンネルを歩み続け、最終的に消えてしまいたいという考えに行き着きます。

一説によると、うつ病は「遺伝子」と「環境」に関係していると考えられています。

学校や職場でうつ病にかかる人が多いのも、ストレスの多い環境だからなのかもしれません。

専門家や医師ですら完全に解明できていない部分もあり、「回復しているように見えて実は悪化している」ということもあります。

治療法は投薬治療が主流

治療法は、先ほど分泌が少なくなるといったセロトニンなどのホルモンを脳内に分泌させる投薬治療が有効とされています。

また、一人でうつ病を乗り越えるのは非常に困難で、病院に通いながら、誰かが支えてあげることが大切です。

正直、人間社会に揉まれるということで、会社も学校も恋愛も大変気苦労することは多いですよね。

この競争社会の中で、うつ患者が増えるというのも無理もないのかもしれません。

でも、あんまり根を詰めすぎず、頭の中は常に前向きな気持ちを持って生きたいものですね。

スポンサードリンク