徳島阿波おどり2019の日程はいつ?アクセス・駐車場やチケット情報!

今回は「徳島阿波おどり2019」の日程やアクセス・周辺駐車場、鑑賞穴場スポット、有料席チケット情報をお届けします!

徳島の阿波おどりは、400年前の江戸時代から続いている歴史ある伝統芸能です。

『踊る阿呆に見る阿呆。同じ阿呆なら踊らにゃそんそん!』という囃子言葉を聞いたことはないでしょうか?

そんな徳島の阿波踊りは本家本元であり、例年100万人以上の見物客が押し寄せます。

スポンサードリンク

徳島阿波おどり2019の日程はいつ?

徳島阿波踊りは、毎年8月に4日間開催されます。

日程:2019年8月12日(月)〜15日(木)

徳島阿波おどり会場へのアクセス

会場:阿波おどり会館

周辺駐車場

徳島阿波おどり開催時期は臨時の特設駐車場が利用できます。

1回の駐車につき1,000円

富田中央公園(120台)

利用時間:11:00〜23:00

新町小学校(300台)

利用時間:10:00〜22:00

東富田公園(200台)

利用時間:9:00〜23:00

内町小学校(320台)

利用時間:8:30〜23:00

富田小学校(150台)

利用時間:10:00〜23:00

徳島中学校(300台)

利用時間:11:00〜23:00

徳島県庁駐車場(210台)

利用時間:土日10:00〜23:00、平日:18:00〜23:00

※こちらの駐車場は県外ナンバー専用で利用料は無料

電車で行く場合

JR徳島駅から徒歩約10分

車で行く場合

鳴門ICから国道11号線「阿波おどり会館」まで約30分

徳島阿波おどりの見どころは「連」

徳島の阿波おどりには「連」と呼ばれるグループが存在します。

sponsored link

それも1000組を超えるほどで、総勢10万人以上が参加するそうです。

その中には卓越した技量を持つ「有名連」という33の連があり、その迫力は観客を魅了します。

企業などがPRのために結成する「企業連」というのもあり、有名タレントも参加したりするそうで、運が良ければ芸能人に会えるかもしれません!

過去に登場したゲスト有名人は「徳島新聞」の記事にて!

参考URL:阿波踊りで心ひとつに 有名人ゲスト続々

2019年のゲスト有名人は8月上旬に発表です!

有料演舞場チケット情報 7月1日一般発売

徳島阿波おどりでは、座って見物できる有料演舞場のチケットを購入することができます。

もちろん無料で見られる会場(席)もありますが、最大限に阿波おどりを見たい方には有料席がオススメです。

意外とお手頃価格でチケット購入できるんですよ!

【S指定席】 2,000円
【A指定席】 1,800円
【B指定席】 1,600円
【C指定席】 800円

1部:18:00〜20:00
2部:20:30〜22:30

※入り口に近いのはC席、出口に近いのはA席です。

チケット購入はこちらから:チケットぴあ

市役所前演舞場

全長110メートル。
徳島市役所前の演舞場。
初日に開幕式が行われる。

藍場浜演舞場

全長122メートル。
藍場浜公園内の演舞場。
徳島駅から一番近い会場。

紺屋町演舞場

全長100メートル。
商店街が近い演舞場。

南内町演舞場

全長122メートル。
“有名連”の合同フィナーレが毎晩22時から見ることができる演舞場。

無料演舞場情報

無料で見れる会場は全て自由席となっています。

両国本町演舞場

全長170メートル。
見物客が多く集まる両国本町商店街にある演舞場。
JR徳島駅から徒歩7分。
徳島阿波おどり会場の中で最も大きい会場です。

新町橋演舞場

全長110メートル。
東新町商店街周辺の演舞場。
JR徳島駅から徒歩5分。

元町演舞場

全長58メートル。
JR徳島駅から徒歩3分。
駅から最も近い演舞場。

まとめ

徳島阿波おどり2019は、8月12日〜15日に開催!

有料席や無料席があり、前もって計画を立てて出向くことをお勧めします!

飛行機で来られる方は早めに航空チケットを購入してくださいね!

スポンサードリンク