七夕の由来はナニ?短冊に願い事をする理由や七夕に食べる行事食は?

7月7日は「七夕」ですね!

まちなかでは、短冊に願いを書いて笹の葉につるす光景をよく見るようになりますよね。

でも、七夕の時期に願い事をするのはなぜなのでしょうか?

「織姫と彦星が一年に一度会う日に、願いを叶えてもらう」なんて思っている人はいませんか?

そもそも、我々はなぜ七夕を迷いもなく「たなばた」と呼んでいるのでしょうか?

今回は、そんなあまり気にしたことがなかった七夕に関する疑問にお答えしたいと思います!

スポンサードリンク

七夕は「五節句」のひとつ

「五節句」とは、5つの節句から構成されています。

• 1月7日…人日(じんじつ)の節句(七草の節句)
• 3月3日…上巳(じょうし)の節句(桃の節句)
• 5月5日…端午(たんご)の節句(菖蒲の節句)
• 7月7日…七夕(しちせき)の節句(笹竹の節句)
• 9月9日…重陽(ちょうよう)の節句(菊の節句)

※和名は複数存在します。

よく見てみると「七夕(しちせき)の節句」とありますね。

もともと七夕は「しちせき」と読まれていましたが、古来から伝えられる「棚機(たなばた)」という行事が、七夕を「たなばた」と読むようになったきっかけと言われています。

では、棚機は七夕とどのような関係があるのでしょうか?

子供の頃に聞いた七夕のお話や、現代の七夕を確立させた歴史を見ていきましょう!

七夕の3つの由来・意味

七夕の由来には有名な3つの話が存在し、もっとも有力な説と言われています。

ひとつずつご紹介しますね!

有名な織姫と彦星の話「七夕伝説」

これは「織姫と彦星の七夕伝説」とも呼ばれています。

由来を知らない人でも「あ、聞いたことあるかも。織姫と彦星が年に一度しか会えない物語でしょ?」というのがこの七夕伝説です。

では、改めてこの伝説を見ていきましょう。
小さなお子さんに説明するときに非常に役に立つと思いますよ!

◇織姫と彦星の七夕伝説◇

むかしむかし、天の川の東に働き者の織女がいました。

いつも真面目に織物をする織女はとても美しい女性でしたが、まったく恋もせず父である天帝をとても心配させていました。

そこで天帝は、ある男性に娘と結婚してくれと頼み込みます。

その男性とは、天の川の西に住む牛飼いの牽牛でした。

とても真面目で働き者の牽牛は、天帝からの頼み事に恐縮しながらも結婚を承諾。

織女と牽牛は夫婦となりました。

しかし、二人は天の川でお互い愛し合うあまり、まったく働かなくなってしまったのです。

あれだけ働き者だった二人が急に怠け者になってしまったことで、天帝は激怒。

二人を引き離してしまいます。

「真面目に働くのであれば、年に一度、7月7日だけ会うことを許そう」

こうして、二人は7月7日に天の川のほとりで会うために、毎日一生懸命働くようになりました。

どうでしたか?

小さい頃に聞いた懐かしいお話だったのではないでしょうか。

sponsored link

「サボればバチが当たる」「頑張れば努力は報われる」という教訓としても使われるお話です。

短冊に願い事をするきっかけ「乞巧奠(きっこうでん)」

中国で行われていた行事「乞巧奠(きっこうでん)」は、短冊に願い事を書くようになったルーツです。

中国では七夕伝説にあやかり、7月7日に女性たちが機織りの上達を願い「牽牛星・織女星」を祭る行事が行われていました。

奈良時代以降の日本にも、この風習は伝わっており、お供え物をして牽牛星と織女星を眺めたりしていました。

これが現代の七夕へと、どんどん変化していきます。

江戸時代以降、七夕が五節句として定められ民間の行事となりました。

江戸時代の日本人は、裁縫だけではなく書道や字が上手になりますようにと願い事をしていました。

芸術事に関する願いが多かったようです。

その頃に願い事を短冊に書いて笹の葉に飾るスタイルが出来上がりました。

今では多種多様な願い事を見られるほど浸透している行事となりましたね!

七夕(たなばた)の読みのきっかけ「棚機(たなばた)」

これは日本古来から行われていた禊ぎ行事です。

女性がお供え物として着物を織り、秋の豊作を祈ったり人々の穢(けが)れをとり払う風習です。

笹に短冊をつるす現代の七夕との関係はほぼなく、七夕の読み方に影響を与えたと考えられています。

七夕の行事食はナニ?

七夕に食べられるものは、なんと「そうめん」。

さまざまな諸説がありますが、ひとつご紹介しますね。

後醍醐天皇の時代、宮中における七夕の儀式で、そうめんの原型といわれる「索餅(さくべい)」を供えたという記述があります。
索餅は熱病を流行らせた霊鬼神が子供時代好きな料理で祟りを沈めるとされていました。やがて、索餅は舌触りのよい素麺へと変化し、七夕にそうめんを食べるようになりました。室町時代には、すでにその風習があったようです。
※索餅:奈良時代に中国から伝わったもので、小麦粉と米粉を練って縄のようにねじり、茹でて和え物などにしたようです。麦縄とも呼ばれています。

引用:http://koyomigyouji.com/gyoujishoku-osechi.html

しかし、七夕にそうめんを食べる習慣のある地域はほぼないのが現実です。

実際に「七夕でよく食べられる食べ物ランキング」が存在します。

「だんご」(97ヵ所)
「赤飯」(70ヵ所)
「まんじゅう」(34ヵ所)
「もち」(28ヵ所)
「うどん」(14ヵ所)
「ぼたもち」(10ヵ所)
「そうめん(7ヵ所)
「あずきめし」(4ヵ所)
出展:七夕文化研究会

なんと「だんご」を食べる風習をもつ地域の方が多いのですね。

しかし手軽に食べられる夏の代名詞でもある「そうめん」の方が季節感もあってオススメです!

まとめ

いかがでしたでしょうか!
「七夕伝説」「乞巧奠(きっこうでん)」「棚機(たなばた)」をご紹介しました!
中国から伝わった風習が、現代の日本の七夕の由来だったのですね!

今年の七夕では何をお願いしますか?

スポンサードリンク