今すぐできるストレス発散方法7選!ストレス解消で試したい小ワザ集!

せっかくの休日に、ストレス発散しよう!と街に出たのに、逆にストレスが溜まってしまった、ということはありませんか?

もちろん、あれこれ考えずに自分の好きなように過ごすことも大切ですが、効率的にストレスを減らすことのできる方法が科学的に証明されています。

今回は、そんなあなたのストレスをいますぐに減らせる7つの方法をご紹介していきます!

スポンサードリンク

1.笑う

ストレスを軽減させて、心身ともにリラックスさせるには、笑うことがもっともいい方法だと言われています。

笑うことで多くの酸素を取り入れると、多幸感をもたらすと言われているエンドルフィンの放出量も多くなります。

勉強や人間関係、仕事などで、精神的に苦しくなると無意識にYoutubeでお笑い動画を見ているという人、それは理にかなっているのかもしれませんね。

2.キス

キスをすると、ストレスレベルが下がり、幸福ホルモンと呼ばれるオキシトシンが増加することで、満ち足りた気分になることが分かっています。

また、6週間にわたってパートナーと定期的にキスをした人は、血中のコレステロールレベルが下がったという研究結果も報告されています。

さあ、皆さんも今すぐ隣にいる人にキスをしてください!

3.ガムを噛む

被験者2人に、同じストレスを与えた後、ガムを噛んだ人と、ガムをまったく噛まなかった人に分けるという研究があります。

ガムを噛んだ人は、唾液に含まれるコルチゾールレベルが下がったという研究結果が出ています。

コルチゾールとは、ストレスを受けると分泌されるホルモンです。

これはガムがミントであろうが、グレープであろうが関係なく「噛む」という行為自体が大脳を活性化させるためです。

4.自然に触れる

sponsored link

休みの日は海に行ったり、キャンプに行ったりする人もいますが、それは無意識に癒しを求めているからなのかもしれません。

研究によると、短時間であっても自然に触れることによってストレス値だけでなく、心拍数や血圧も下げること分かっています。

また、入院患者の場合、白い壁しか見えない患者よりも、草木の見える自然豊かな病院の患者のほうが痛みへの耐性がついたり、回復スピードが早まる傾向にあるのだそうです。

適度に自然の豊かな場所で暮らしたいものですね。

5.音楽を聴く

音楽にもストレスを減らす効果があります。

歌謡曲でもいいですが、できれば歌詞が入っていない1分間に60〜80ビートを刻む音楽を聴くのがストレス解消に効果的です。

1分間に60〜80ビートというのは、人間の心臓の鼓動と似通っているもので、人間は自然とそのリズムに安心を覚えるようにできているのです。

クラシックやカフェミュージックなどがいいかもしれませんね。

6.ペットを飼う

色々と世話やしつけが大変なペットですが、ペットを飼うだけでストレスや不安の数値が下がることが分かっています。

確かに自然体で、斜に構えていない動物の姿は見ているだけで心が豊かになりますね。

ちなみに、犬よりも猫のほうがストレス軽減効果が高いことが分かっています。

7.泣く

悲しいことや嬉しいことがあると感情が溢れ出して涙が出ますが、あの涙にはストレスホルモンが含まれており、涙を流すことでストレス物質を排出しているのです。

また、泣いた後に気分がスッキリして心が明るくなるのは、脳内で鎮静作用のあるエンドルフィンが増加することによって起こるものです。

とは言っても、なかなか泣けないという人もいますよね。

痛〜い足ツボをやるのもいいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

意外とすぐにでも実践できるものがありますよね。

私たちの身近な行動にストレスとうまく付き合ってく行動があったんですね。

スポンサードリンク