「初盆」のお布施・お車代の相場はいくら?封筒の書き方や渡し方は?

そもそも初盆とは何でしょうか?

それは「故人が亡くなってから初めて迎えるお盆」のこと。

地域によっては「新盆」と呼ぶことも多いですね。

初めて迎えるお盆と説明しましたが、故人の四十九日法要が過ぎて初のお盆という意味です。

お盆直前にお亡くなりになった場合は、その翌年が初盆となります。

逆に、お亡くなりになられた直後に初盆を迎える場合もあります。

今回ご紹介する初盆のお布施に関しての疑問は、いつの日か役に立つものと思いますので、ぜひチェックしてみてください!

スポンサードリンク

初盆のお布施の相場はいくら?

まず先にお伝えしますが、お布施とはお坊さんに“あげる”お礼金ではありません。

お布施は、御本尊(ごほんぞん)に捧げるものです。

お布施は気持ちが第一優先とされているため、「初盆だからお坊さんに〇〇万円渡さなければならない」という決まりごとはないのです。

人によって“1000円”の価値は軽くもあり重くもありますよね。

地域によっては、お布施としてお金ではなく物をお渡しすることもあるくらいです。

だからと言って、お布施を包まないのも気がひけるものです。

そんな気になる一般的なお布施の相場とは“3万円から5万円”と言われています。

もちろん2万円の方もいますよ。

お葬式や四九日法要でたくさんお金もかかったと思います。

その時のお気持ちを包んでいただけたらと思います。

もしお寺さんで行う場合、お寺側でお茶出しやお菓子を準備してくださる場合があるので、気持ち多めでも良いかもしれませんね。

お布施はお坊さんへの報酬ではない

お布施の相場でもお話ししましたが、お布施はお坊さん個人への報酬ではありません。

読経や戒名をいただいたお礼として僧侶へ渡しますが、本堂へのお供えとして納めていただくものです。

もちろん、日頃からお墓を守ってくれている僧侶に対しての感謝の気持ちを表すこともあります。

そもそもお布施とは、六波羅蜜という修行法のひとつでした。

六波羅蜜は、煩悩を消して悟りを開くための6つの徳目の総称です。

6つの徳目は“布施・持戒・精進・忍辱・禅定・知慧“です。

この“布施”の本来の意味は「人に財・真理・安心の施しを与える」という意味を持っています。

六波羅蜜のお布施には3つの意味がります。

①財施 ②法施 ③無畏施

①財施 : 金銭・食料・衣服などの財を施す行為
②法施 : 法話などで釈迦の教えを説き、読経する行為
③無畏施 : 畏怖を取り除く行為

我々が納めるお布施は、この①財施にあたります。

つまり、我々はお布施として①財施を行い、お坊さんは②法施を行なっていることになります。

お坊さんも先祖や我々の安穏や平穏を祈って読経という、本来の意味でいうお布施をしているのです。

我々は御本尊に財施(金銭)で応えているということで、お坊さんのためにお布施をしているわけではないのです。

sponsored link

お車代の相場はいくら?

お寺さんではなく、ご自宅に僧侶を呼ぶ場合、「お車代」として3千円から1万円程度を包みます。

こちらは地域によって相場が異なってきますので周りの方に相談してみると良いでしょう。

御膳料の相場はいくら?

初盆の場合、読経の後に僧侶と参加者を交えて食事会を行うことがあります。

しかし、お坊さんも多忙なことがありますので食事会に参加できないことがあります。

その時にお渡しするのが「御膳料」です。

この御膳料はたいてい5千円から1万円程度が相場です。

お布施・お車代を渡すタイミングはいつ?

お坊さんには法要が始まる前にお渡ししておくと良いでしょう。

その時は「本日はどうぞよろしくお願いいたします」とご挨拶の言葉とともにお渡しします。

絶対という決まりはありませんので、法要が終わってからでも構いません。

その場合は「本日はありがとうございました。どうぞお納めくださいませ」とお礼を述べましょう。

ただ、お坊さんも他の法要の予定がある可能性があるので早めの段階でお渡ししておくと良いですね。

封筒の選び方

初盆のお布施やお車代を包む封筒は黒白または黄白の水引の金封を使いましょう。

水引の金封がない場合は白の無地の封筒でも大丈夫です。

注意点①
郵便番号の枠がない真っ白な封筒を選んでください。

注意点②
袋が二重構造の封筒ではなく、一重のものを選んでください。

二重の封筒は不幸が重なるという意味があり、縁起が悪いとされています。

最近では100円ショップでも簡単に入手できますよ。

ただし、大金を包む場合は立派な不祝儀袋を使用することが常識のため、葬儀会社に相談してみてください。

初盆のお布施の書き方は?

表書きの書き方

お布施には一般的な黒墨で書きます。

香典の場合は深い悲しみの気持ちから薄墨ですが、お布施は違うので気をつけてくださいね。

表書きの書き方は、上段に「お布施」や「御布施」と書き、下段に「喪主や施主の名前」または「〇〇家」と書きます。

封筒にもともと「御布施」と書かれている場合は氏名のみの記入で大丈夫です。

「御布施」を「御車代」「御膳料」と書きかえて包んでください。

裏書きの書き方

裏書きは、中央より左側に住所と名前を書きます。

住所の左側に名前を書いてください。

金額は書かないことが一般的ですが、もし中袋に金額や住所を書く欄がある場合には記入してください。

金額は旧漢字で書くのがマナーです。

壱・弐・参・四・伍・六・七・八・九・拾

例えば「金参萬圓」というように記入すると良いでしょう。

まとめ

今回は初盆でのお布施の相場をご紹介しました!

お布施の相場は3万円〜5万円。
お車代は3千円〜1万円。
御膳料は5千円〜1万円。

封筒の書き方などもチェックしてくださいね!

スポンサードリンク