夏至2019の日にちはいつ?意味・由来、日照時間や冬至の違いは?

2019年の夏至の日にちはご存知ですか?

日本では気候が暖かくなるにつれて、日照時間が長くなりますよね。
その中でも、1年でもっとも日の出る時間が長い日が「夏至」ということを、ご存知の方も多いと思います。

しかし、その理由や夏至の意味合い、季節の捉えられ方などはあまり知られていません。

この記事では、そんな「夏至」の意味や由来、日照時間などを分かりやすくご紹介してきます♪

スポンサードリンク

2019年の夏至は何月何日?

2019年の夏至は、6月22日です。

この日を迎えると、本格的な夏がやってきます。

梅雨と重なるため曇っていたりすることもあり、1年でもっとも日が長いことを実感できない年もあることでしょう。

しかし、日が長いことにはちゃんとした理由があるのです!

夏至の意味と一緒に見ていきましょう!

夏至の意味や由来は?

夏至とは、季節のひとつのことを言います。

私たちは普段、季節を“春夏秋冬”と1年を4分割していますが、「夏至」はさらに細かく24分割したものの中に含まれます。

それを「二十四節気(にじゅうしせっき)」といいます。

その中でも「夏至」は、一年の中で昼間がもっとも長く、夜がもっとも短い日として知られていますよね。
北半球では、太陽がもっとも高い位置に昇ることによって日照時間が長くなるのです。

そんな「夏至」が持つ意味合いは「夏の訪れ」です。
これを季節の変わり目として割り当てられたのが「夏至」です。

ちなみに、北欧では“性欲がもっとも高まる日”とされ、「恋の日」としても有名です。
スウェーデンでは夏至の約9ヶ月後に生まれる赤ちゃんが多いそうですよ!

これは、日照時間がホルモンバランスに影響を与えると考えられているからです。
季節の変わり目によく見られる、肌荒れ、ニキビにも関係していそうですね。

せっかくなので季節ネタでつきものの「二十四節気」というものをご紹介します。

二十四節気とは?

二十四節気は、平安時代から使われている暦のことで、農業の目安として作られました。
「立春」や「秋分」「冬至」など聞いたことがありますよね。

各24の節目を「二十四節気」と呼ぶのですが、夏至もそのひとつで、季節の節目を表しています。

つまり、15日で新しい季節が訪れることを意味します。

sponsored link

これは、太陽が15度進むたびに季節が変わると表現することもできますよね。
(太陽は、地球の周囲を1年かけて1周(360度)するため)

二十四節気が考えられた理由に、暦と季節のズレをなくすことがありました。
季節の変化を細かく捉え、農業に活かしていたのです。

この「二十四節気」は、2016年に中国の無形文化遺産としてユネスコに登録されています。

日照時間が長い理由!気温との関係は?

北半球で太陽がもっとも高い位置に昇ることによって日照時間が長くなる、と説明しましたが、意外と勘違いされていうこともあります。

一年で日照時間がもっとも長い日≠一年でもっとも暑い日

このような認識を持たれている方がいますが、これは大きな間違いです。

1日の最高気温は、日が高く昇る12時の日射によって温められた地面や建物によってさらに空気が熱せられる14時ごろに出ます。

日本では梅雨の時期と重なるため、日照時間自体が少ない夏至ではなく、雨が少ない8月頃の気温が高くなるのです。

日本の夏至祭

夏至祭とは、スウェーデンで行われる伝統行事。

「日の光や緑の生命が生まれる夏の訪れを祝うお祭り」

北欧の夏は、日本よりも少し早い6月中旬〜下旬頃から始まります。
海外からの観光客が多く集まるお祭りなんですよ!

日本にも、夏至を祝うお祭りを行う地域があります。

それは北海道の当別町で行われています。

「北欧にもっとも近い町」としてスウェーデンの伝統行事「夏至祭」を毎年行っています。

この夏至祭は、スウェーデンの伝統を紹介するため1983年から始まった当別町の年間行事です。

当別町の夏至祭に関して、詳しくは別記事で紹介したいと思います!
上の動画で雰囲気を味わってみてください♪

夏至と冬至の違い

冬至は、夏至とは反対に「日照時間がもっとも短い日」
昼が短く、夜が長い日で有名ですね。

冬至には柚子湯で体を温める日として知られており、夏至とはまた違う奥深さがあります。
日照時間の短さ理由は、夏至の仕組みを知った皆さんであれば図を見ていただけるともうお分かりになるかと思います。

冬至に関しての詳しい内容な、「冬至」の記事でご紹介しますね!

まとめ

いかがでしたでか?
二十四節気を初めて知った方もいたのではないでしょうか?

・2019年の夏至は6月22日
・日照時間が長く、本格的な「夏の始まり」の知らせ
・北欧では「恋の日」として知られている
・ホルモンバランスにも影響を与える季節の変わり目ですので、お肌のトラブルにも一層の注意が必要

「日の出がもっとも早く、日の入りがもっとも遅い」というのも、よくある間違いですので注意してくださいね!

スポンサードリンク