なぜ2月は28日なのか?2月だけ短い理由を分かりやすく紹介!!

1年は365日であることは誰もが知っている常識ですが、毎月の日数が異なる理由までを知っている人は多くありません。

30日だったり31日までだったり、閏年があったり、、、

奇数月と8月だけ31日まであるという覚え方をした人も多いのではないのでしょうか?

今回は、みなさんが子供も頃に一度は疑問に感じていたこと「なぜ2月だけ28日までしかないの?」という謎に迫ります。

他の月は、短くても30日だったり31日まであるのに、なぜ2月だけ28日なのでしょうか?

そこには、複雑で難解な理由が隠されていました。

さあ、2月が28日しかないのかを解き明かしていきましょう!

スポンサードリンク

カレンダーの起源は“古代ローマ”

現在、私たちが使っているカレンダーは、古代ローマの暦が元になっています。

紀元前8世紀頃のローマでは、1年は“3月から始まって12月に終わる10ヶ月間”しかありませんでした。

そのため1年は、たったの304日しかなかったのです。

12月が終わると、ローマ人は冬の間、寒さに耐えるのに必死になってしまい足りない61日を数えることまで気が回りませんでした。

そのため、12月が終わると日にちを数えるのをやめてしまっていました。

その間、どのように時間の流れを掴んでいたのかというと、月の満ち欠けなどを見つつ、空の様子から計算して春がきたら、また3月から仕切り直していたのです。

偶数は縁起が悪い?厄祓いは2月で決まり!

実際、これでなんとかなっていたローマ時代。

しかし、1月から3月の間は「今日が何日か分からない!」という問題がありました。

そこで、現代での私たちが知っている1月と2月を足すことを考えました。

sponsored link

しかし、1月と2月を足しても、この当時の1年間の日数は“355日”しかありませんでした。

さらに、ローマ時代では“偶数は縁起の悪い数字”とされていたため、それぞれの月の終わりの日にちは“29日か31日”のどちらかに統一しようとしたのです。

すると、合計355日にするためには、どうしても28日をどこかに入れる必要が出てきました。

そこで選ばれたのが、2月だったのです。

フェブルアリウス(2月)は、厄祓いやお清めの月であるため、不吉な偶数でも浄化されるということで良しとしたのです。

それでも年々ズレる季節感、355日で大丈夫?

これで2月が28日になりましたが、この時代の1年間は355日なので、太陽暦の一年との間にズレが生じ、長い目で見ると季節までもがズレるという問題に直面しました。

そのため、この時期は、太陽暦に合うように2月に無理やり日にちを足して、つじつまを合わせていました。

366日から355日を引いた日数、11日間を足していたのですね。

その後も、この355日という1年間は何百年も使われたのですが、ついに「1年間って365日の方がよくない?」という電撃の走るツッコミにより再度見直されることになりました。

そこで調べ直すと、1年の日数は、正確には約365.25日であるため、どうしても正確な日にちを刻むためには、4年に1度、“閏年の日に1日だけ足す”必要がでてきました。

また、この頃になると月の終わりの日が偶数で終わることにこだわらなくなり、「別に30日で終わるのもいいよね?」という懐の大きい考え方に変わりました。

7月と8月が31日間なのには、とんでもない理由が?!

しかし中には、新興深い人たちも存在するわけで、偶数である30日を嫌う人もいました。

7月という名前を持つ古代ローマの政治家“ジュリアス・シーザー(July)”と、8月という名前を持つ古代ローマの初代皇帝“アウグストゥス(August)”は、「自分たちの名前がついてる月が偶数なのは絶対イヤ!7月と8月は31日じゃないと許さないんだから!」と駄々をこねたのです。

そうこうしているうちに、ずっと前から長く28日を背負ってきた2月が選ばれたのです。

これが2月が28日になった理由なんです。

ローマ時代のワガママが、現代のカレンダーを構築していたなんて驚きですね!

スポンサードリンク