【父の日】2019は日程はいつ?意味や由来、なぜ黄色のバラなの?

「父の日」ってなぜあるのか、その意味や由来はご存知ですか?

華やかなカーネーションで彩られる母の日と比べて、ちょっと控えめな「父の日」

今年こそは何かプレゼントしよう!と思っていても、いつの間にか終わっていた・・・なんてこともしょっちゅう。

そもそも父の日には何をプレゼントしたらいいの?

「母の日」に贈る花がカーネーションなのは有名だけど、「父の日」に贈る花ってあるの?

今回は、そんな「父の日」の日程を確認し、その意味や由来を一緒に見ていきましょう!

スポンサードリンク

父の日はいつ?2019年の父の日の日程は?

「父の日」は、毎年6月の第3日曜日と定められています。

ちなみに「母の日」が毎年5月の第2日曜日です。

だからこそ「父の日」も同じ第2日曜日と勘違いしやすいので注意が必要です。

「父の日」は、毎年6月の第3日曜日です!

ということで、2019年の「父の日」は・・・・

6月16日(日)です!
6月の第3日曜日ですからね♪

では、そもそもなぜ「父の日」ができたのでしょうか?

「父の日」発祥の地や由来は?

「父の日」発祥の地は、アメリカ・ワシントン州

「父の日」は、「母の日」と同じアメリカで提唱された慣習です。

「母の日」ができたすぐあと、1909年にドット夫人という女性が、6人兄妹を男手ひとつで育ててくれた亡き父に感謝したいとパーティーを開いたことがきっかけと言われています。

ドット夫人が幼い頃、父親は戦争に召集され母親が6人の子供たちを育てていました。

しかし、父親が戦争から帰ってくると、母親は過労で亡くなってしまい、それからは父の男手ひとつで育てられたのです。

その亡き父の誕生月が、6月。

ドット夫人は、当時の6月の第3日曜日の19日、牧師に父の礼拝をしてもらいました。

sponsored link

これが今の6月の第3日曜日の由来となっています。

しかし、当時はまだ正式に「父の日」に制定されていません。

1916年には当時のウイルソン大統領に認知されるほどにまでに広まりましたが、正式に国民の休日として制定されたのは1972年になってからです。

1914年に制定された「母の日」と比べて、かなり時が経ってからの制定となりました。

父の日に贈る花は「バラ」

母の日のプレゼントといえばカーネーションが有名ですよね。
これは、母の日制定のきっかけとなったアンナさんが、亡き母親にカーネーションを贈ったことが始まりです。

では、「父の日」のきっかけとなったドット夫人は、亡き父親に何を贈ったのでしょうか。

それは「白いバラ」

あまり日本の父の日にはイメージがないお花ではありませんでしたか?

ドット夫人は、この「白いバラ」を亡き父の墓前に捧げたのです。

これが「父の日」にバラを贈るきっかけとなりました。

現代では、故人には「白」を、健在であれば「黄色」や「赤」のバラを贈ることが一般的となっています。

日本の「父の日」はいつから始まったの?

日本で「父の日」が一般的になったのは1980年代。
戦後から少しずつ日本でも広まっていたようですが、実際はデパートなどの販売戦略のひとつとしてイベント化されたことがきっかけで一般的になったといわれています。

おまけ!他国の「父の日」を見てみよう!

アメリカ

6月第3日曜日
日本をはじめカナダやイギリスも同じです。

台湾

毎年8月8日。「パパ」と発音が同じためこの日に定められたようです。
大人数で食事をし、ワイワイ賑わいながら家族の時間を過ごすご家庭も多いですよ。

韓国

毎年5月8日。韓国は両親に感謝の意を込めて「オボイナル(父母の日)」と定められています。
韓国でもカーネーションを贈る習慣があります。

まとめ

「母の日」「父の日」、どちらも一人の女性が親を想う気持ちから始まったのですね。

いつも「父の日」を忘れてしまう・・・・

そんなあなたは、今年の「父の日」をどのように過ごされますか??
プレゼントに困ったら、ぜひバラを一輪贈ってみてはいかがでしょうか♪

スポンサードリンク