キャビアとは何?キャビアの値段が高い理由は育て方にあった!

世界三大珍味の一つである「キャビア」を食べたことはありますか?

キャビアは、物によりますが1キログラムで約50万円もします。

今回は、そんなキャビアがなぜ高いのかを解き明かしていきましょう!

スポンサードリンク

キャビアって何?

キャビアとは、チョウザメの卵を加工したものをいいます。

しかし、簡単にチョウザメと言っても、実はチョウザメは27種類も存在しています。

そのチョウザメの中でも、キャビアが撮れるのは4種類程度しかいません。

そんなキャビアは19世紀ごろ、そこまで高価なものではありませんでしたが、キャビアを獲るために乱獲を繰り返したことで漁獲量が減り一部のチョウザメが絶滅危惧種に指定されました。

これがきっかけで、全世界でチョウザメの養殖が始まりました。

そのため、今食べられているキャビアのほとんどが養殖です。

養殖なのに値段が高いのはなぜ?

普通、養殖すれば値段は下がっていきますが、キャビアは例外です。

ほとんどのチョウザメが、大人になると2〜4メートルにまで成長するため巨大な水槽が必要となります。

またチョウザメはデリケートなため、エサの食べこぼしや排泄物の処理をこまめに行ってキレイな水質を保たなければなりません。

sponsored link

さらには、水温が25℃以上になると命の危険にさらされてしまうため、水温冷却器を取りつけ、夏は常にチョウザメの体調に目を光らせる必要があります。

これだけでも十分に大変なので、キャビアの値段がたくなるのも頷けますが、まだまだキャビアには高い理由があります。

産卵までに時間がかかる

まずチョウザメは卵を持つまでに8〜20年かかります。

しかも、見た目ではチョウザメがオスなのかメスなのかわかりません。

そのため、チョウザメが3歳の時にお腹を軽く切開して卵巣か清掃かを見分けます。

もちろんオスだった場合はキャビアを取ることはできません。

それでもメスのチョウザメからは、1匹850gから2kgのキャビアが取れます。

しかし、10年間という時間がかかるため、キャビアの値段はどんどん高騰し、なかには28.5gで9万円するものまで出てきているのです。

これが、キャビアが高価な理由です。

ちなみに昔は日本にもチョウザメが生息していました。

しかし、現在は日本の環境に適応できず、チョウザメは事実上絶滅してしまいました。

今、私たちが食べているウナギも同じような道をたどるのではないかと言われています。

キャビアに合うお酒

キャビアに合うお酒はズバリ「シャンパン」

キャビアは魚卵のため、口の中ではねっとりと生臭い香りが残ります。

そんな舌触りを持つキャビアには爽やかなシャンパンがオススメです。

赤ワインや白ワインと一緒にすると、鉄のような金属のような後味が口に残ります。

間違ってもワインと一緒に食べないようにしましょうね。

ロシアではウォッカと一緒に食べるそうですが、アルコール度数が高いためあまりオススメしません。

参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク